絶対に失敗しないお金の借り方

急ぎでお金が必要な場合、今日明日中にでもお金を借りたいけれど、どこでどの様に借りられるのかが分からない・・・そんな方は多いのではないでしょうか。

とにかく急いでいて、今日明日中にでも10万円以上のお金が必要!という方には
最短もしくは即日でお金が手に入れられる借入方法をご紹介します。

そもそも、お金を借りる場所や借入れ方法が分からない、
という方はお金の借り方マニュアルを参考にしてみてください。

最短、即日、安心してお金を借りられる方法とは

身内や知人友人に即日でお金を借りられるなら良いですが、そうでない場合はどこでお金を借りるのが一番早くて安心でしょうか。

それは大手キャッシングサービスでの借入れです。

大手キャッシングサービスには、例えばCMでよく見かけるプロミスやアコム等がありますが、そういった大手サービスでお金を借りる利点は、何といってもその安全性と利便性です。大手銀行の傘下である事から、個人情報保護などのプライバシーについても安心ですし、融資審査や返済方法についても選択肢が多く、便利です。
また、カードローンと違って「担保や保証人が不要」ですので、借入れまでのスピードが格段に速く、最短だと即日で借りられる事もあります。

まずは大手キャッシングサービスの特徴別ランキングをチェックしてみましょう。


上記のランキングはいずれも大手のキャッシングサービスですので、安心して借りることができます。

小さな消費者金融には違法業者である「ヤミ金融」が潜んでいる場合があり、審査が甘いなどという謳い文句を餌に高金利での貸し出しを行っている場合があるのです。
トラブルを避ける為に、消費者金融はプロミスやアコムなどのCMを放送しているキャッシングを選びましょう。

それでは、安心してお金を用意する為にするべき準備と、お金の借り方をご紹介します。

1. 必要書類を準備する

お金を借りる場合に必要になるのが、本人確認書類です。

運転免許証があれば、運転免許証。なければ、健康保険証か、パスポートが必要になります。もし、本人確認書類と、現住所が異なる場合は、追加で以下の書類が必要になります。

  • 国税、地方税の領収書または請求書、納税証明書
  • 社会保険料の領収書、請求書
  • 公共料金の領収書、請求書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 住民票の写し、住民票の記載事項証明書

また、借入金の希望額が50万円を超える場合には、収入証明書が必要になります。
収入証明書は以下の書類が該当します。

  • 最新の源泉徴収票
  • 最新の確定申告書
  • 直近2ヶ月給与明細書と、1年分の賞与明細

※書類は消費者金融によって異なる場合がありますので、借入れの際はHPにて確認ください。

2. 簡易審査で、事前チェックする。

書類が揃ったら、行って頂きたいのが簡易審査です。簡易審査とは、パソコンやスマートフォンで出来る簡単な診断のことです。3秒診断、借入れ診断など各社呼び方、診断項目は異なります。
現在の合計借入額、生年月日、年収などほんの数項目を入力するだけで、借入れが可能かどうかがチェックできます。
何故、事前の簡易審査が必要かと言いますと、キャッシングで申込みをした際に行われる審査で一度落ちてしまうと、信用情報が残り続けて申込みが出来ない可能性もあるからです。

また、簡易審査がある消費者金融は限られていますが、大手優良サービスではほとんどの場合に簡易審査が設けてありますので、そのような大手のサービスを選んだ方が安心です。
基本的には簡易審査は何度も行うことが出来ます。
簡易審査での結果と、実際の審査の結果は異なる場合もあり、簡易審査で結果がよくなくても借りられる可能性はありますので、不明な点は消費者金融へ問い合わせてみましょう。

3. ネット、スマホから申込み

急ぎでお金が必要な時の準備と借り方

簡易審査が終われば、パソコンやスマートフォンからのネット申込みを行いましょう。直接店舗に行く方法や、郵送などの方法もありますが、店舗は必要書類などに不備があった場合は、出直す必要がありますし、郵送では手続きにかなり時間がかかってしまいます。

ネットからの申込みはほぼ全てのサービスで365日年中無休、24時間受け付けていますので、まずはスマートフォン、パソコンから申込みを行い、審査結果を待ってから店舗や無人契約コーナーに行くという方法が最もスムーズです。
申込みを行うと、自動で審査が行われ、借入れが可能か否かと、借入れの限度額が決定します。審査結果は、指定の連絡先に連絡されます。

4. お金を受け取る

消費者金融の会社によって異なりますが、大手の消費者金融であれば、平日14時より前に契約が完了すれば、その日のうちにお金を借りることも可能です。審査が完了すれば指定の口座に振込されますので、振込口座を確認して、金額に間違いがないかをお確かめください。

キャッシングサービスが提携しているATMや銀行によっては、お近くのコンビニや提携銀行のATMでお金を引き出すことが可能です。

また、銀行振込のほか、キャッシング店舗の自動契約機でも契約・借入れをすることができます。

5. カードの受け取り

契約書類と、カードを受け取ります。郵送での申込みや、ネットからの申込みでは自宅に郵送されます。消費者金融の社名は、アコム、プロミスなどの一般的なサービス名ではないので、家族にも気づかれにくいのです。ただし、家族が利用していたり、中身を確認されたりすると家族にバレてしまいますので、郵送が心配な方はネットから申し込んだ後に、店舗へ出向いて契約し、カードや契約書類を受け取る方法が確実です。

営業時間中で、必要書類などに不備がなく、審査がスムーズであれば、1時間から2時間でお金が借りられる場合も多いようです。
とにかく、急ぎでお金が必要だという場合には、即日キャッシング出来る消費者金融を検討してみてください。

プロミスでは、女性専用の窓口があり、女性のオペレーターが受け付けてくれます。男性では抵抗があるという方は、女性専用のレディースキャッシングから申込みしてみましょう。

ご返済計画などもオペレーターが相談に乗ってくれますので、不安があればオペレーターに相談してみてください。

大手キャッシングサービス比較表

このページの先頭へ