急ぎでお金が必要になったみんなの理由とその解決方法

急ぎでお金が必要になる理由とはどんなものがあるでしょうか。
また、そんな時に多くの人が利用したお金を借りるサービスについてもご紹介します。

【ケース1】入院、怪我での医療費

怪我や病気で急に必要になる医療費。あらかじめ予測して準備しておけるようなお金ではありませんから、もしもの時に支払えないと、焦ってしまいますよね。
病気や怪我の種類によって変わりますが、入院費の平均額は約25万円といわれていますから、医療費をすぐに用意して支払うのは厳しいという方も多いようです。
とはいえ、病院に行かない、入院しないということもできませんから、どうにかして医療費を工面することになります。申請すれば、病院によっては支払いを待ってくれるところもあるようですし、自治体に相談するという方法もありますので、まずは相談してみることをおすすめします。

nyuin

【ケース2】子どもの学費

学費も高額のお金が一度に必要となる状況のひとつです。
もちろん私立か公立かによって額は大きく異なりますが、何らかの家庭の事情で学費支払いが滞ってしまう家庭も多いようです。
支払いができず、未納になってしまった場合は、まずは学校側との相談になります。そこで、支払いの延期、分割での納入など何かしら学校側との同意が得られれば良いのですが、そうでない場合は何らかの手段で学費を用意しなければいけなくなるでしょう。

【ケース3】家賃の滞納

家賃も急にお金が必要となって慌ててしまうケースですね。うっかり払い忘れてしまったということが多くあるようです。退去を命じられては一大事ですから、すぐに支払わなければなりません。話し合いで待ってもらえる場合は良いですが、そうではない場合、困ってしまいますよね。

【ケース4】ご祝儀が重なって

若い人に多いのがこのケースですね。ご祝儀は一般的に友人であれば2~3万円といわれていますが、月に結婚式への出席が数回重なると、かなり生活費がきつくなってしまいます。
しかし、親しい友人であれば、招待されたのに断りづらいものですから、何とかしてご祝儀費用を工面することになります。

急ぎでお金が必要な時の対策方法とは?

急ぎでお金が必要だけれども、貯蓄がない、支払いを待ってもらうこともできないという場合は一体どうすれば良いのでしょうか?
考えられる方法をあげてみましょう。

  • 親や家族に頼るという方法
  • お金が急に必要になったとき、まず頼るという人が多いのが親や家族でしょう。
    ただ、頼れる身内がいないという人もいるでしょうし、社会人であれば、状況や理由によっては親に頼るのははばかられるというケースもあると思います。

  • 友人から借りるという方法
  • この方法はおすすめできません。他人からお金を借りることはトラブルのもとです。どんなに仲の良い友人であっても、お金の貸借で関係が壊れてしまうこともあるからです。

どんなケースにも対応できるお金を借りる方法

上記のような、急ぎでお金が必要という状況で、お金を借りるならば「キャッシング」が一番確実でしょう。キャッシングはフリーローンとも呼ばれ、使い途の限定されない融資です。
また、20才以上で定期的に収入を得ていれば、比較的審査に通ることも難しくありません。
即日融資可能なキャッシングサービスであれば、申し込んだ当日にお金を借りることも可能ですので、急ぎでお金が必要な時にも安心ですね。

operator_02

おすすめサービスは「プロミス」

もし、あなたが急ぎでお金が必要で、キャッシングで融資を受けることを考えているのならば、当サイトでは「プロミス」をおすすめしています。
その理由は、まずは「30日間無利息サービス」があること。はじめての利用であれば、ポイントサービスに登録するだけで、30日間利息0円でお金を借りることができます。
また、知名度の高い優良サービスでもあり、顧客満足度の高さでも知られています。
もちろん、審査に通れば今日中にお金を借りることも可能ですので、急ぎでお金が必要な方にもオススメです。

各サービスの審査時間めやすと、金利については下記の比較表を参照ください。

キャッシングサービス比較表

急ぎでお金が必要な理由は千差万別ですが、まずはお金が必要な状況になったらすぐに対策を講じることが大切です。

このページの先頭へ