社会人が急ぎでお金を借りるきっかけって?

急にお金が足りなくなったり、金欠になったりすることは誰でもあると思います。
しかし、消費者金融にお金を借りようと思ったときはそうそうやって来ないと思います。
中には、頼り方がわからず、なかなかお金を借りることをせずに悪循環に陥ってしまうことも……。
そこで、消費者金融を利用する人の主な理由について社会人目線でまとめてみました。
crayart_01

今は社会人ではない人も、これを見てぜひ将来の参考にしてみてください!

まずは急ぎでお金が必要な方のための「キャッシング人気ランキング」をご紹介します。

急な用事ができた

例えば、遠くに知り合いがいて冠婚葬祭で急に出向かなくてはいけなくなった場合があります。
給料日前のカツカツな時期にこのようなことがあれば、お金がないのも無理はありません。
交通費もバカになりませんし、冠婚葬祭といったかなりのお金がいっぺんに出ていってしまいます。
身内にお金を借りることもできなくはありませんが、冠婚葬祭だったら身内だらけなのでとてもお金を借りることはできませんよね。
このように、近くに頼れる人がいなかった場合に消費者金融を利用することが多いようです。

急なリストラに遭った

夫がリストラに遭ってしまった場合に利用する人も多いようです。
意外にも夫本人ではなく、妻が少しのつもりで借りて次第に抜け出すことが出来なくなるパターンが多いようです。
お互い相談しづらいために話し合いもできず、周りにも頼れないために、計画を立ててお金を借りる余裕がないことが苦しいところです。

ギャンブルに夢中になった

これはかなり多いパターンです。
お金が無くなってしまうスピードは早いけれど、当たった時の大きさにはまってしまうようです。
最初は少額の融資をしていたのにもかかわらず、次に来た時には限度額を借りようとするということがコンスタントに起こってくるといいます。
お金を借りる上で、ギャンブルにはまってしまうというのは一番怖いですね。

いかがでしょうか?
急ぎでお金を借りるいきさつはどうであれ、お金を借り過ぎることはもちろん、お金を借りることを我慢しすぎるのも良くはありません。
きちんと計画を立てた上で、一番自分に無理のないお金の付き合い方を目指していきましょう。

このページの先頭へ