至急お金が必要な時スピーディーに借りる方法

突然お金が必要になって、今日明日中にそのお金を準備しなければいけない、そんな状況に追い込まれた時に便利なのがキャッシングサービスです。
ただし、至急お金が必要な時ほど焦ってどのサービスにどう申し込めが良いのか分からず、モタモタしてしまいがちです。最初にお伝えしておきますが、今日中にキャッシングサービスでお金を借入れようとする場合、申込み時間が勝負です。ですので、ここでご説明する書類をてばやく集めて即お申込みにうつりましょう。

至急お金が必要な時の借りる方法

至急お金を借入れる時に便利なキャッシングサービス

至急お金が必要な時はカードローンや銀行の融資窓口などで数日間の審査を受けている暇はありません。そういった時に便利なのがキャッシングサービスです。今だと大手消費者金融サービスでも金利がカードローンと同じくらい安いものが多く、ものによっては一定期間の借入れであれば無利息で借りられるところもあります。そういったものを利用して、すぐに必要なお金の準備をするのも良いでしょう。
また、大手消費者金融の即日キャッシングであれば、金利の他に返済方法が楽なものが多く、例えば各地提携のコンビニATMや金融機関で借入と返済が同時に出来るものがあります。
借入れ時の申込みだけでなく、返済まで便利な方が後々楽なので注意して見ておきましょう。
ここでは、至急お金が必要な時に即日で借りられる可能性の高い各社キャッシングサービスの特徴を挙げておきます。

  • プロミス
  • 来店不要のWEB完結利用や、スマートフォン対応、借入3秒診断、即日融資と、急いでいる方にも心強いサービスが充実しています。また、初めてお申込みの方には無利息サービス(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)が適用されることもあり、キャッシングの中でも特に利用者の多いサービスでしょう。

  • アコム
  • キャッシングのみ利用できるアコムカードのほかに、クレジット機能のついたACマスターカードというクレジットカードも発行しており、ショッピング時の利用にも便利です。
    借入可能かどうかを診断する「3秒診断」やスマホ対応、近隣のアコム店舗を調べるスマホ用アプリなど、急ぎの方や外出先からでも利用しやすくなっているのが特徴です。
    はじめての方でも安心して利用出来るキャッシングです。

至急お金が必要な時に準備しておく書類

各社サービス名こそ違えど、借入れ時に必要な書類はほぼ変わりません。
借入れ金額によって変わってきますが、基本的には下記2点の書類が必要となります。

  1. 本人確認書類
  2. 基本的には「運転免許証」があれば大丈夫です。免許証がない方は「健康保険証」または「パスポート」を準備していけあ問題ありません。

  3. 収入証明書
  4. これは50万円以上の借入れをする場合、必要となってくるケースが殆どです。
    ※他社から既に借入れをしていて、新たな借入れをすると累積100万円以上になる方も必須うです。
    必要書類は以下書類から1点あれば良いです。

    • 源泉徴収票
    • 確定申告書
    • 給与明細書
    • (※全て最新のものが必要になります。)

    上記2点の書類があれば、お申込みは問題なく行えます。
    借入れ額が50万円以下の方であれば①があればすぐに申込みが可能なので、すぐに行えるでしょう。

至急お金が必要な時におすすめの「お申込み方法」

上記の申込み書類が揃ったらすぐにお申込みをしましょう。
冒頭でも書きましたが、至急お金が必要な時であれば当日もしくは翌日の早い時間での融資を希望している事でしょう。であれば、いかに早く申込みを済ませ、審査を完了させ融資を受けられるかという時間との勝負になってきますので、お急ぎ下さい。
お申込み方法として、一番スピードが速いのが「インターネット申込み」でしょう。この場合、店舗や無人契約機を探して走り回らなくていいうえに、キャッシング利用時に必須となる「ご利用カード」無しでも融資が行われるのです。この「ご利用カード」は後日自宅にや指定した住所に郵送されてきます。また、先ほどご紹介した「申込み書類」も携帯やスマホなどで写真をとってメールで送るだけで良いのです。店舗を探したり来店している暇のない方は是非、この「インターネット」お申込みを活用して下さい。

至急お金が必要な時には「申込み時間」に気を付ける!

冒頭でもお伝えしましたが、至急お金が必要な時は「申込み時間」が肝となります。
もし当日中に借入れたい場合は、大手消費者金融のキャッシングサービスのほとんどが「即日融資」に対応しているので安心ですが、実は当日融資して貰えるかはその日の「申込み時間」によってくるのです。各社のHPをみて頂ければ分かりますが、大体14時~14時半までに「お申込み」を済ませておくと当日中の借入れが可能です。しかし、その時間帯を過ぎてしまった「お申込み」に関しては翌日にまわされてしまうのです。ですので、いかに必要書類をすばやく集めてお申込みをするかが大変重要になってきます。
しかし、このお申込み時間を過ぎてしまったからといって投げやりになってはいけません。
翌日の早い時間に融資して貰おうとした場合も、その日の申込み時間の早い順になりますので、どちらにしても急いでお申込みを済ませておきましょう。

このページの先頭へ